コミュ力という言葉について

最近TLではコミュ力という言葉が賑わることがありますね。この言葉を見るたびに僕は辟易とした思いを募らせます。なんというか世間一般がいうコミュ力というのは上部だけ笑いあって中身のない対人関係を作る能力のように思えてならないんですよね。もっというならば周りの空気に流されることを選ぶ能力、いわば他者志向型の人間になる能力のような気がして、就職予備校ならともかくアカデミックの場である大学がこれを推奨することに僕は違和感を覚えます。その点で僕は名古屋大学の人材育成目標である「勇気ある知識人」という言葉にはとても惹かれるものがあります。